ガリバー鹿児島の店舗での買取交渉術とは?

  • 投稿日:
  • by

ガリバーを鹿児島県内でお探しの方は、下記をご覧ください。

鹿児島県には、ガリバーは3店舗ございます。

買取は高値の査定をしてもらえるよう交渉するかどうかで、査定額は大きく変わってきます。

詳しくは、後日ブログで詳細を書かせて頂きます。

ガリバー:鹿児島川内店

  • Address    〒895-0025  鹿児島県薩摩川内市向田町1072
  • TEL:    0120-37-9325
  • 【店舗近くの目印】近くに川内小学校があり、R3号線にあります。

ガリバー鹿児島:城南店

  • Address    〒892-0834  鹿児島県鹿児島市南林寺町30-4
  • TEL:    0120-535-563
  • 【店舗近くの目印】近くに新港北入口交差点があります。

ガリバー:鹿児島甲南店

  • Address    〒890-0052  鹿児島県鹿児島市上之園町23-15
  • TEL:    0120-86-9386
  • 【店舗近くの目印】近くに甲南高校があり、中洲通りにあります。

車を売った前後にはどんな手続きがありますか?

車を売る前には、軽なら登録申請用紙、普通車なら印鑑証明書、譲渡証明書、委任状などの準備が必要です。
所有権が自分にない場合は所有者への連絡が必要です。また、トラブルが多いので注意が必要です。

車を売った時の手続きは、軽か普通車かで違います。
まず、軽の場合ですが、
登録申請用紙に旧所有者という欄があるので、そこに署名して印鑑を押し、売却先に渡します。
そして、普通車は、
印鑑証明を取り、譲渡証明書と委任状に署名、証明を取った印で捺印して、合計3通を渡します。
それから、
もし所有権が自分になく、クレジット会社などになっている場合ですが、
所有権を持っているところへ、名義変更を希望している旨連絡を入れると、車検証のFAXを求められます。
ローンの残額がなければ、譲渡証明書と委任状が郵送されてくるので、これを売却先に渡します。

書類は、ホームページからダウンロードできますし、車販売店に行けばもらえます。

以上が売却前の手続きで、
ガリバーなどで売却した後は、
自動車保険や駐車場などを利用していた場合、もれなく解約します。

売却前の手続きでよく揉めたりするものとして、
名義変更をしてもらえなかった、売却金をもらえなかった、といったことがあるようです。
名義変更は、処理後に新しい車検証のコピーを送ってもらうなどした方がいいですよ。
個人売買は、トラブルが付き物といえますので、気をつけてください。

車買い替え時、手放し時のQ&A

  • 投稿日:
  • by

車買取 口約束後にもっと高値が・・

【質問】
中古買取屋に行き査定してもらい、明日書類を持ってきますと口約束しました。
でも、その後電話で別の店に聞くと、もっといい値段を言うのです。
もちろん後者へ売りたいわけですが、前の所を断ると何かありそうで不安です・・
どう思われますか?

それから、自動車保険の見直しをしたいのですが、良い保険を教えてください。


【回答1】
はっきり断って大丈夫です。
もっといい値段で買ってくれるところが見つかったので、と。
すると・・
最初のお店はもっと高い値段をいってくれますよ。

自動車保険に関してですが、このサイトはどうでしょうか?
わかりやすく説明されていると思います。

【回答2】
連絡をする時に、他に売ることは言わずにおいた方がいいです。
知り合いが乗りたがっていることがわかったので、
とかそういう理由を言いましょう。


走行距離による査定額の変動

【質問】
先日、車の買取のために査定をしてもらったところ、
なんとか80万を超す値段をつけてもらいました。
契約はまだです。
しかし、
非常に嬉しくなり、ついドライブなどをしていましたら、
気付いたら100キロ近く走ってしまったのです。
このため、3万6千だった走行距離が3万7千になったしまったのです・・
これで金額が変わることはありますでしょうか・・?




【回答1】
契約はまだとのことですので、
その金額は確定したものではありません。
また、
支払いが、後で振り込み、などでしたらお断りしましょう。
金額が減らさせることもありますから。
これは契約書に書かれている内容ですので、
契約時に支払い方法をしっかり確認しましょう。

カローラの中でもAE86って特別なものだったのか

  • 投稿日:
  • by

カローラは数多くの派生車種を生み出してきましたが、AE86レビンはその中でも特別視されます。

高性能かつスポーティなモデルでハチロクとも呼ばれ、高騰といっていいほどの価格で取引されているのです。

カローラレビンAE86は漫画だけの世界じゃない

トヨタが誇る大衆車であり汎用車でもあるカローラには、数多くの派生型が生まれました。
その中には、のちに型番からAE86と呼ばれ長い期間親しまれることになる、レビンもあるのです。

カローラレビンが生まれた時代は1972年であり、クーペモデルがあるにもかかわらず、さらにスポーティなモデルとして販売を開始しました。
上位車種に当たるわけですが、実際にはセリカからの流用が多く見られ、別の車ともいえるできになっていたのです。
この流れは続き、4代目にして生まれるのがAE86になるのです。

カローラレビンの中で、最後のFRでもあるAE86は、その形式ナンバーからハチロクと特別に呼ばれています。
漫画にもなったことから、車好きでなくても知っているといわれるほどの知名度がありますが、非常にスポーティなモデルで、性能はカローラの域を超えていました。
そのせいもあり、多くのドライバーに愛された車となったのです。

発売終了から20年以上たっても特別視されることが多く、中古価格が高騰しているのは、何も漫画のせいだけではありません。
それだけ高性能で、ドライバーたちを魅了するだけの価値があった車でもあるのです。

基本的にカローラは中古市場に多くあふれ、高額になることは珍しいことです。
しかし、この車に至っては、100万円程度で手に入るものはかなりボロボロであり、パーツ取りに使うしかないものも多くあります。
売る時にも高額で取引されやすく、動いていなくても信じられないぐらいの値段が付くのです。

特にガリバーは、カローラの買取が得意です。


どんな状態でも買取するところが多いため、処分ではなく売るということを考えるべき車でもあるでしょう。

フェラーリの中でも、ディーノはのちのV8エンジン搭載型の基礎モデルとなったV6エンジンを持つ小型車です。

若く夭折してしまった創業者エンツォの息子の名前を持ち、最も愛された車といわれているのです。

創業者エンツォが愛した車に乗っている方は、相場を調べてみる価値ありです

フェラーリの中でも愛されたディーノというブランド

今ではスポーツカーメーカーとして、トップを走るフェラーリの創業者エンツォ・フェラーリには、アルフレードという息子がいました。
大学で自動車工学を学ぶほどのエリートコースであり、将来を嘱望されていたのです。
そのアルフレッドは、やがてフェラーリに入社し、会社としては小型車も作るべきだと当時から主力ではなかったV6エンジンの開発アイデアを出しました。
ところが、筋ジストロフィーを発症し、24歳で夭折してしまうのです。
悲しんだ父エンツォは死後に完成させたV6エンジンをもとに、小型車の制作に着手していきます。
アルフレードには、小さなアルフレードという意味のアルフレディーノという愛称があり、エンツォはこの名前からディーノという名前をとり、V6の小型車に着けたのが始まりなのです。

ディーノはV12型エンジンを持たない新設ブランドでした。
そのため、フェラーリとは別の存在であり、跳ね馬のエンブレムを持ちません。
ごくまれにエンブレムが付けられていることもありますが、これは後付けでしかないのです。
V12を好むファンからは、こんな車はおかしいと抗議されることもありますが、本らは別の車なのです。

しかし、フェラーリとして販売する以上、中途半端なものであるはずがありません。
きびきびと走り、安全で確実で視界性の高い出来上がりです。
のちの458に積まれるようなV8エンジン搭載型の基礎になり、エンツォが愛した車の一つになったといえるでしょう。

僕の気になる新車情報

  • 投稿日:
  • by

最近の新車を見るとデイズやハスラーのように楽しい車が多いものです。
新車を安く買おうと思うのならば、時期もありますが、ライバルの車を見つけ相見積りで粘り強く交渉することが大切なのです。

新車を安く買うポイントってどこかな

車を買おうと思った時、やっぱり新車がいいよねって思います。
独特のにおいがあり、新品の証である、シートのビニールを破く瞬間は、何とも言えない間隔に陥るものです。
中古車で気に入っている名車を買うのもいいものですが、新車の独特の感覚はやはり捨てがたいものでしょう。

最近では、軽自動車が元気で、デイズのようにとても軽自動車とは思えないような完成度の車や、ハスラーのように、
今までになかったSUVの要素を持つ車など、楽しい車が増えてきているのです。

当たり前のことですが、そんな車がほしいと思っても、中古車に比べて、高額になってしまうものです。
どうやって安く買おうか考えていかないと、維持するだけで苦しんでしまいます。
せっかくの新車なのですから、楽しい生活にしていかなければいけませんから。

一般的に、車が安くなる時期と呼ばれているものがあります。
2~3月末までの決算期、9月末までの決算期、あとはボーナス商戦と考えるでしょう。
では、実際に価格が大きく変わるかといえば、そんなに変わっていません。
値引きが少し大きくなることはあっても、他のサービスをつけるからとかごまかされてしまうものなのです。
決算期には、駆け込みで売るほうも何とか成績をと考えますが、ここまでにしっかりと売れていなければ、成績など上がるわけがありません。
こういったものは、購買側の心情に訴えかけられているだけだったりするのです。

新車を買うなら、まずはターゲットにしている車のライバルを探します。
自動車メーカー各社の中には必ずライバルがいるので、そこから見積もりを貰ってくるのです。
同じメーカーでも販売店違いなんかも、競合ですから効果があるものです。
あとは、それを持って、本命のところに行くのです。

交渉するにはポイントがある

最初はゆっくりしたペースで値引きの話などが出たりしますが、途中で引きたくないポイントが見えてきます。
ここから先は勘弁ね、そんな雰囲気がわかるでしょう。
そこまで来たら、実は~と見積もりを切り出していけばいいのです。
ディーラーでもわかってはいるでしょうが、商談が進んだうえで切り出されれば、相手にしなければなりませんから、効果が出てくるものなのです。
なんだかしぶしぶになっているのであれば、一度突き放してみるのもいいでしょう。
考え直してくるわと突き放してみると、後を追っかけざるを得ません。
それも価格を下げてです。
買ってもらえなければ、一円の利益も出ないのですから、新車は粘り強く交渉していくことが大切なんです。

まずは車を高く売って、安く新車を買う準備をしましょう。

利用する自動車ローンによる差

  • 投稿日:
  • by

頭金に関しては利用する自動車ローンによる差もありますが、
是非ともいるものと決まっているわけではありません。

しかしながら、頭金が用意できれば審査に関しては有利になります。

ディーラーにおいては下取りで入ってきた車を、
直に中古車の買取店へ売却する仕組みになっています。

このことからも、車を下取り依頼するときは査定で提示される金額が安くなると言えます。



毎月の返済額を少なくすることも容易な残価設定型クレジットと言う名のついた返済の仕組みを取り扱う業者も数多くあって、
支払いを減らして車を購入することが容易になっています。

頭金がないとして、車購入の際に払うべき初期費用まで車両価格と一緒にしたようなケースでは、
諸費用が車本体の価格に乗っかってくるので、その価格分返済額も増えることになるのです。

たくさんの頭金を用意するのが可能なら、いわずもがな自動車ローンにおける借入金、
更に金利も減ることから、できる限り多くの頭金を用意しておきたいものであります。

普通人気車というのはどちらかというと中古車買取り専門店のほうが買取の価格が高くなるようですが、
不人気な車などについては、下取りで買取ってもらうほうが良いということもあるのです。



ディーラーでの下取りは、一つの会社に限定された提示額となってしまい、
他社と比べることがかなわず、中古車の査定額は意外にも低くなる状況も生じます。

頭金が払えなくても審査でOKが出れば車のローンを使うことに問題はありません。

だけど頭金がないのなら月々支払う金額は高くなってしまうし、
支払い回数についても多くなってしまいその上金利分も無視できません。

金利が高めの自動車ローンについては頭金の準備がなくても審査でOKが出やすく、
対照的に金利が低めのローンというのは、
厳しい審査ですが低金利というようなプラス面があるものなのです。

新車を入手する場合はその前に審査の申し込みをしておいて、
審査に通った時点でどちらのほうでカーローンを利用すれば良い結果になるかというのを考慮し、
金利が安いほうでローンを契約しましょう。



下取りならば中古車買取の業者によって買取できないような「低年式車・長走行距離車」にも、
例えば買い替え特別企画の実行などのおかげで値が付くことがある。

新車を4月5月に買うのは値引きを考慮すると良いタイミングとはいえません。

年間の中で飛びぬけて車の販売数のあるかきいれ時をやり遂げた後で、
営業担当者も脱力しています。

自動車ローンを利用するとしたら、
頭金の用意がなくても審査をクリアすればローンを利用するのはできるのですが、
そのような時では月々にかかる費用や総支払い回数については増加します。

新車の値引き具合ほど予想がつかないものは他にないでしょう。



新車と言うものが高いものだからこそ、
それを手に入れる人に応じて値引きの額に開きが出るのが実態です。

車本体についての値引きはこれで精一杯になっているようなら、
今度は新車のオ付属品に関しても値引きの交渉を実行しましょう。

付属品のみでも2割程度の値引きが可能になります。

貯金全てをローンの頭金にしてしまって

  • 投稿日:
  • by

貯金全てをローンの頭金にしてしまって払えばいいとは限らなくて、
考慮したいのが自動車を買った後かかる維持費なのです。
それなりにかかってくるのは事実なのです。

マイカーローンというものの大体の頭金の金額については、
車購入額の25%以上の金額が理想とされています。

当たり前ですが、その額よりも多めに出すことを考えたってかまいません。



毎月毎月お支払いしなければならない額をずっと安くできる残価設定型に決定するのであれば、
浮いた分でもっといいグレードの車を選んでいくことも不可能ではないはずです。

カーローンと言うものはディーラーが提携を交わしている信販会社またはクレジット会社と交わす契約というのが一般の流れでしたが、
最近では借り入れ先とか商品についても種類が豊富です。

融資の条件やその対象についても個々で異なってきます。

ローンに頼って車を手に入れていることには相違はありませんので、
毎月毎月かかる返済の金額についてはいっぱいいっぱい下げてこの残価設定型のクレジットを契約したいですね?
あえて旧型車に乗ることも気にしないというならば、
フルモデルチェンジの時期に合わせて購入の値引き相談をしていくことで、
驚愕の新車値引きの金額を提示させることもあるのです。



営業マンがこれ以上無理ですと言ったところから、
あと二回ほど値下げの幅というものがあるものなので、
それまでがんばってください。

これが効果絶大な新車を買う際の値引き交渉の常套手段であります。

車の下取りについては、
新車或いは中古車の買取をするディーラーに、
今現在乗用している中古車の買取をしてもらい、
新車、中古車を買うための資金とすることを言います。



このごろでは自動車ディーラーのみならず、
中古車の販売店についても「残価設定型」というローンを扱うようになっているようです。

これはテレビのCMでも聞いたことがある方は多くいると思われます。

残価設定型クレジットというクレジットは、
普段使うクレジット、ローンとは異なり、
先立って3年から5年後の買い取り補償額と呼ばれるものを決めます。

これについてが一般に言う残価になります。

銀行と結ぶカーローン契約はディーラーと提携するクレジット会社のそれと比較してみると利息は低額になるようですが、
審査のハードルは高く、更に審査期間についても7日ほどかかるという事も起こります。

低金利キャンペーンなどもやっているといったこともあるため、
カーローンで支払う予定があるなら、
こんなキャンペーンの期間に購入というのであれば、
購入代金が安くなるのでしょうね。



残価設定型ローンというものを利用する前の段階で、
一般的なローンの見積もりと比べてみるようにしてみましょう。

3年後の走行距離はどれだけか、
また傷・状態でどれだけの違いがあるものか、
ちゃんと説明を受けるべきです。

メーカーのオプションについては、メーカーにはいる儲けで、
販売店のオプションとは、販売店が取得する利益なのです。

であるから、多くつけたとしても、
新車の値引きにおいては気にするほど変わってきません。

新車に関しては値引き交渉をして、
いくぶんお得に買えることは当たり前のことになっていますが、
同一の車種であっても交渉の方法で値引き幅が違ってくるのも現実なのです。

大手ディーラーなら

  • 投稿日:
  • by

大手ディーラーなら基本的に取り扱っている残価設定型クレジットの仕組みは、
購入金額の一部を最初に「残価」としてわけておいて、
残金を分割で支払っていくというシステムです。

車が欲しいときは頭金ナシの全額ローンを組んで、
頭金用のお金は投資に回すと言った具合に現実離れしたことを推し進めている人などもおりますが、
実際は少なからず頭金と言うものはあったほうがよいのです。



毎月のローンの支払い他に、
この先続いていく車の維持のお金を払わなくてはなりません。

その面について頭において頭金の額を決定しないと、
車の維持が難しくなる可能性も否定できないのです。

値引き・プライスダウンが限界間近な感じなら、
下取りのための査定を頼み、
中古車買取専門店の場合の買い取りの値段を示して、
下取り価格を引き上げる相談・交渉をしましょう。



このところ聞かれるようになった残価設定型のオートローンと呼ばれるものは、
一定期間が過ぎてからの下取り額を推定して、
その額を支払いの最終月に設定し、
残額を分割返済していくといったかたちになっている。

下取り或いは自動車買取の結果中古車として愛車が取り引きされるのに関しては、
一物一価の原則によりそれぞれの状態が違えば、
ありえないほど買い取り額に差異が出てしまうのを認識する必要があります。



銀行系カーローンというのは気安く申込みできるものですが、
その審査は少々手厳しい場合が多いでしょう。

金利も多少お安く有益なローン契約ができるというようなことがポイントです。

旧型車を選ぶことでもOKであるというならば、
フルモデルチェンジにあわせ値引きの商談をしたら、
想像以上の新車値引きの金額をゲットすることもありえます。

新車と言うのは値引き交渉如何で、
多少なりとも安く手に入る事は当たり前のことになっていますが、
車種が同じでも交渉をどう進めるかで大幅に値引き幅が変わってくるのもこれまた真実です。

新車の場合は、例外以外現金・クレジットカードで一括払い購入と言う方法が一番お得といえますが、
高額であるから、たくさんの方がカーローンを利用することになるでしょう。

頭金についていえば各自動車のローンによる差もありますが、
どうしてもあるべきと言うのは違います。

でも、頭金が用意できれば審査に関してはポイントが高くなります。



新車を購入するときの値引き交渉のテクニックについては、
最初に買いたいと言う意思を明確にすることからです。

とにかくその車種だけを目指して販売店へ足を運びましょう。

絶対検討して欲しいのが、残価設定型というシステム。

これでしたら、毎月払う金額というのが他のローンと比較すると、
約半分の金額に下がることになるのです。

確実に値引き交渉をしていかないと、
ちゃんとした交渉にはならないものです。

新車を買う場合は、思い切り値引きについての交渉をするべきです。

くどいようですが、なんといっても交渉なのですからね!?
残価設定型ローンに決定する前の段階で、
一般のローン見積もりを比較、参照するべきでしょう。

3年後の走行距離はどれだけか、
或いは傷などの状態によってどう変わるものなのか、
ちゃんと話してもらうことです。

自動車ローンでの頭金

  • 投稿日:
  • by

この自動車ローンでの頭金というものは、
当たり前ですが多いに越した事はありません。

おすすめとしては、車両自体の額の25~30%前後を払っておくことで、
月々返済していく金額も大きく開きが出るものです。



車のローンにおいては必ずしも頭金が必須とはなっていませんが、
審査に関しては多少なりとも左右されると意識しておきましょう。

たくさん頭金があれば審査には役立つのです。

銀行系のカーローンというものは気安く申込むことができるのですが、
審査自体は少しばかりきつめになる所が多数あるようです。

金利は抑え目の傾向でプラスになるローンを組むことができるといったことがポイントです。

車にかかるお金を払うために借金を余儀なくされるということにもなる恐れがあるので、
3年から4年間の維持費と言うものを考えてから、
ローンの頭金の額を見極めていくのは必須でしょう。


当たり前ですが、カーローンの他に借り入れがいっぱいあると審査にとって有効ではない。

いくらくらいの借入があるか、一年間の返済額はどれくらいのものなのか、
きっちり認知しておいたほうが確実でしょう。

自動車販売ショップなどでは、
中古車販売用のスペースを確保してあることもあったりしますが、
確かに同メーカーからの中古車ならばお勧めしやすいので、
下取りの金額も高くなる傾向になっています。

残価設定型のクレジットと言うのは、
よくあるクレジット、ローンと同一ではなく、
先立って3年から5年後の買い取り補償額と呼ばれるものを決めます。

このことが残価になります。



カーローンにおける基礎の構造から、
あなた向けの最適な借り入れ先を紹介するまで、
この車のローンのデータをたくさん載せていければと感じています。

4月や5月に新車を買う事は値引きを配慮すると良いタイミングとはいえません。

一年間で何より車が売れていく繁忙期を乗り越えたばかりで、
セールスも気合が入りません。

車ローンやマイカーローン、
カーローンと言った具合に異なる言い方ですが、
みんな自動車購入の際に組むローンであることと決まっており呼び方が違うだけ。

そのかわり違うのは『審査』についてです。

個人情報を知られずに車を下取り査定してもらうときの額はすぐに調べられますが、
中古車については個々でコンディションが異なります。

現実の相場と言うものとは遠いことも少なからずおこるから参考にするくらいに。

値引き・プライスダウンが限度になりそうな様子なら、
下取り査定の依頼をして、
中古車買取専門店についての買い取りの値段を提示して、
下取り価格を引き上げる相談・交渉をしていきましょう。

車を買うときは頭金ナシの全額ローンを組んで、
頭金用のお金は投資に回すと言う風に実現不可能に思えることをのたまっている人も見かけますが、
実際は頭金はある程度が必要でしょう。

「新車でも半値で手にはいる!」「車の3年後の買い取り額保証!」といったように宣伝しているのがいわゆる残価設定型です。

現在ではディーラーでも受け付けてきています。

大きく新車値引き額を提示させるには、
自分が購入したいと思う新車に関してライバルのメーカーにある車種の新車の値引きに関わるデータについてを、
何はさておき調べておくことを推奨します。